梨は松乃園
マスコットの「梨ボーヤ」です の歴史 マスコットの「梨ボーヤ」です


庭園と松
古木の五葉松は、毎年、梨の剪定を始める前に、ていねいに手入れをします。

 徳川の関東入府から17世紀までの間に、関東一円で、大規模な治水・利水政策が行われました。
この一環として、多摩川の大丸用水開削があります。この開削には、農民の大変な労力が費やされました。
私の祖先は元禄初めの頃、この用水の支流「切方堀」を開削し、新田を開墾いたしました。
 松乃園は、私(清一)で寛永より17代続く専業農家で、平成15年度第一回稲城市認定農業者に認定されております。
 梨は明治19年に「矢野口梨有志組合」が発足した時から、発起人の一人として、13代(定介)が参加しております。
又、ブドウも明治の後期より栽培を始めました。
 明治、大正時代は荷馬車で神田まで運んでおりましたが、昭和になってからは、市場側で稲城村まで梨の集荷に来てくれるようになりました。
 昭和30年代に16代(兼幸)は京王電鉄kkと組み、新宿から「もぎ取り電車」を走らせ、東京都民の間にも、多摩川梨が、それまで以上に知られるようになりました。
 又、茨城県での梨生産の指導にも力を注いでまいりました。

「筑波山四六のガマの置物」 庭園の灯篭
茨城県の梨組合から贈られた
「筑波山四六のガマの置物」
茨城県梨組合から贈られた
「筑波山の石どうろう

 現在は、植物、人間に大切・不可欠なミネラルを、沢山含んだ堆肥や肥料を研究し、健康によく、美味しい、梨とブドウを生産し、宅配便を使って全国に発送しております。



NHKから取材要請がありました 『こんにちは いっと6けん』




日本テレビから取材要請がありました 『ぶ・ら・り 途中下車の旅』

松乃園でntvの取材 農園主の私

日本テレビ(ntv)制作のホームページへリンク 1 →  →     


「松乃園」のホームページへ戻ります      このページのトップへ戻ります